投稿日:

6月のお花

6月のお花|瓶花_傾斜型

こんにちは。ネットいけばな教室|Flow-artの野村豊晶です。
あっという間梅雨入り。
でも比較的雨が少ないように思います。
水不足の地域もあるようなので、被害のない程度に降ってほしいものですね。

今月のお花|瓶花_傾斜型

先月に引き続き、7月の地区別教授者研究会に向けて瓶花の練習です。
本当は直立型にしたかったのですが、花材の枝ぶりが・・・と言われてやむを得ず傾斜型です。
6月のお花|瓶花_傾斜型
【花材】ソケイ・菊・ソリダコ
【花器】投入花器
傾斜型を生けるときのポイントは中間枝の中でも高く入れる「中間高」。
これは瓶花も盛花も同じです。
この「中間高」があることで、主枝の傾斜が他の花材となじみます。
役枝ばかりに気を取られ、うっかり忘れそうなことがありますが、この1本の中間高で全体がとてもスッキリまとまるので不思議ですね。

☆「瓶花_傾斜型」の決まりごと☆
<長さ>
主枝:器の高さの1.5倍
副枝:主枝の1/2
客枝:主枝の1/2
<挿し方(本勝手)>
主枝:器の左前隅から70度、正面から45度左。
副枝:主枝の後方、左斜めへ引くように。
客枝:前方に60度前傾、正面から30度右へふる。

PickUp花材☆ソリダコ

中間枝としてよく用いられる小さな黄色いお花のソリダコ。
実はセイタカアワダチソウと近縁なんだとか。
そして、名前がよく似ているソリダスターは、ソリダコ属とアスター属の交配種だそうです。
並べて見ると確かに花の付き方が違い、別物だと分かります。
ソリダコもソリダスターも、通年出回る中間枝用の花材として重宝します。

花展のお知らせ

2016年四国地区青年部合同作品展が下記日程で開催されます。
お近くの方はぜひ足をお運びください。
日時:公開制作2016年9月17日(土)10:00~16:00
   作品展示2016年9月18日(日)~15:00
会場:徳島市新町川水際公園、両国橋東・西公園
※会場は公共の公園のため、開閉園時間はありません。

——————–
Flow-artでは「無料体験」実施中です。
また、尼崎市「園田学園女子大」裏で対面での教室の他、出張レッスンも承ります。
お問い合わせはこちらまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です