投稿日:

第53回地区別教授者研究会【近畿中部】

バラ

こんにちは。ネットいけばな教室|Flow-artの豊晶です。
本日(2016/7/9)大阪で開催された第53回地区別教授者研究会に参加しました。
今回は筆記試験、実技試験のあと、講評があっただけでデモンストレーションはありませんでした。
そして筆記試験ですが、去年はとても難しかったのに、今年は満点者続出。
明日の試験はもっと厳しいのではないかと思われます・・・

筆記試験

1.花舞の定義と、その特徴についての説明文です。空欄にあてはまる語句を下記より選択し、解答用紙に文字で記入しなさい。

定義

自由な花材の選択により、( 1 )の関係から生まれる植物の( 2 )な美しさを表現するいけばな。

特徴

[1]( 3 )・配材の区別がなく、花材の( 4 )・角度・方向に定めがない。
[2]( 5 )は、新型丸水盤では( 6 )に沿って自由に定め、新様式花器では左右いずれかに移動することができる。
[3]( 7 )を使うことにより、立体美をより効果的にすることができる。
[4]花材相互の関係は、寄り合う、( 8 )、重なり合う、組み合うことで、( 9 )または調和の美的表現をする。
[5]花材は、( 10 )を基準とし、三種を限度とする。

—–選択語句—–
・対比 ・寸法 ・掛け花 ・立体的 ・交差する ・触れ合う ・自然 ・二種 ・花材相互 ・五種 ・平面的 ・複数花器 ・一種 ・主材 ・円周 ・中心線 ・客枝 ・挿し位置

2.色彩盛花様式本位で、下記を主材とした取合せを解答用紙に記入しなさい。ただし、取り合せは3種で、花材の重複はしないこと。
主材 取合せ
アマリリス アマリリス・
花菖蒲 花菖蒲・
いちはつ いちはつ・
万年青 万年青・
玉しだ 玉しだ
3.次の文章は、三世家元小原豊雲先生と四世家元小原夏樹先生の業績を箇条書きしたものです。空欄にあてはまる語句を下記より選択し、解答用紙に文字で記入しなさい。

○小原豊雲先生

[1]( イ )いけばなの全国手金運動の端緒を作った。
[2]( ロ )にヒントを得たいけばな様式の創造。
[3]いけばなの( ハ )によって国際親善に寄与。
[4]( ニ )組織の確立。
[5]華道界はじめての( ホ )の確立。

○小原夏樹先生

[1]1985年に従来の盛花の表現形式とは異なった( ヘ )を創案した。
[2]1990年には( ト )”まわる””ひらく””ならぶ”の3つのタイプを創案し小原流いけばなの新しい動きを提起した。
[3]1979年より( チ )を毎年開催し、流内の( リ )と自由な創作表現を認め、新人の育成に努めた。
[4]( ヌ )に積極的に力を注ぎ、その母体を作り上げた。

—–選択語句—–
・年金制度 ・色彩盛花 ・公募展 ・海外紹介 ・財団法人 ・花型図の制定 ・近代 ・青年部活動 ・前衛 ・社団法人 ・一斉授業 ・マイ・イケバナ ・自然盛花 ・琳派絵画 ・花意匠 ・教授者組織 ・花舞 ・立華

実技試験

瓶花
花型:瓶花(形式を問わない)
花材:ソケイ・バラ(3)
花器:投入花器
盛花
花型:写景盛花自然本位
花材:山万作・姫百合(2)・しゃが(5)
花器:丸水盤

※()内は本数

今回の花材のうち、バラがほんのりと良い香りでびっくり。
たいてい、切り花用の品種はほとんど香りがないので、ピリピリした雰囲気で生けている中、少しだけ癒されました。
バラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です