投稿日:

4月のお花

4月半ばになり、随分春らしくなってきました。
今月は少し変わった花材を活けてみました。
お稽古では盛り花用として準備されていましたが、
投げ入れの勉強のため、瓶花にしました。

nageire201404
花材:カンガルーポー・スイートピー・スターチス・ばれん
花器:ひびき

赤いカンガルーポーが印象的ですが、
スイートピーのピンクとスターチスの黄色が
春らしさを感じさせます。

カンガルーポーはカンガルーの前足という意味です。
正式名は「アニゴザントス」といい、オーストラリア原産です。
数億年前から生息していたと考えられている植物、
「ゴンドワナ・フローラ」のひとつと見られています。
花言葉は「不思議」「驚き」「分別」です。

今回は、花材が少し余ったので、
小さなフラワーアレンジにしました。
フラワーアレンジ

これは白い小鉢(食器)を花器に用い、
ミニ剣山(100円均一で購入)を置いています。
私が食卓に置くお花は小さい花器を使うことが多いです。

瓶花は花びらがテーブル上に散ることがあり、
また、食事時に動かすこともあるので、
花材によっては食卓に置かないこともあります。

瓶花は盛り花と違い、剣山に花材を挿していないため、
むやみに花器を動かすと、花位置がくずれてしまいます。
今回の花材は、スイートピーの蔓が花留めになっているので、
少々動かしても大丈夫でした。
瓶花は花留めがうまくいかないとイメージ通りに活けられません。
今回はスイートピーを入れるまで留まらなかったため、
お稽古の時間がいつもより長くなりました。

最近はどうすればうまく留まるか、
工夫することが楽しみの一つになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です