投稿日:

10月のお花

瓶花_傾斜型

こんにちは。ネットいけばな教室|Flow-artの野村豊晶です。
朝晩冷え込むようになり、街路樹も色づいてきました。
昼間はまだ暑い日もありますが、ひたひたと冬の足音が近づいているのを感じます。

今月のお花|瓶花_傾斜型

今月のお稽古はトリカブトの紫色に惹かれて瓶花を選びました。
瓶花_傾斜型
【花材】ななかまど・トリカブト・ソリダコ
【花器】投入花器

後ろの奥行きがないため、壁に副枝が触れています。
客枝の右側には本来何も入れないのですが、紫色を引き立てるために後方からソリダコを入れています。
花留めは、主枝は横木留め、その他は必要に応じて折り留めにしました。

☆「瓶花_傾斜型」の決まりごと☆
<長さ>
主枝:器の高さの1.5倍
副枝:主枝の1/2
客枝:主枝の1/2
<挿し方(本勝手)>
主枝:器の左前隅から70度、正面から45度左。
副枝:主枝の後方、左斜めへ引くように。
客枝:前方に60度前傾、正面から30度右へふる。
<挿す順番>
主枝→副枝→中間枝→客枝

PickUp花材☆トリカブト

トリカブト
トリカブトはキンポウゲ科トリカブト属の総称だそうです。
トリカブトというと有毒植物というイメージですが、たくさん種類があって、毒の有無は品種や育った地域によるのだとか。
毒はたいてい薬にもなるもので、漢方薬としても使われます。
観賞用の品種もたくさんあるので、花材として使われることも多いです。
もちろん、今回の花材も観賞用です。
同じ花でも品種が違うと見た目が全く違うのは面白いですね。

——————–
Flow-artでは「無料体験」実施中です。
また、尼崎市「園田学園女子大」裏で対面での教室の他、出張レッスンも承ります。
お問い合わせはこちらまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です