投稿日:

2月のお花

こんにちは。ネットいけばな教室|Flow-artの野村豊晶です。
今月は通常のお稽古と専門教授者研究会が重なったため、大量の花材に囲まれることになりました。

今月のお花

今月はかたむけるかたちです。
2016年2月のお花|かたむけるかたち
【花材】芽出し木苺・バラ・ドラセナ
【花器】エンジェル
今回は研究会で使った芽出し木苺とベランダで育てているバラ、通常のお稽古で使ったドラセナを花材としました。
完全に余り物の寄せ集めですが、なんとなく春らしい感じがするかなと思います。
「長春花」とも呼ばれるバラは、2月に剪定することで春に綺麗なお花を咲かせます。
今回のこの蕾はかなり前から蕾のまま開かないので、ついに剪定する事になりました。

☆「かたむけるかたち」の決まりかごと☆
<長さ>
主枝:器の寸法の2倍以内
客枝:主枝の1/3
<挿し方>
主枝:60~90度近くまで傾斜させる。
客枝:主枝の手前に45度前傾させ、左右は20度以内。
<挿す順番>
主枝→客枝→中間枝

PickUp花材☆芽出し木苺

木苺の芽が出かかっているものですが、花材としては、「木苺」と「芽出し木苺」は別物。
自然の状態で育った芽出し木苺なら何の問題もないのですが、暖めて芽を出させたものは、蕾が一緒に出てくるようで・・・
とてももったいないのですが、この蕾や咲いてしまったお花は本来なら完全に取り除かないといけません。
が、今回は花意匠ということでその辺はゆるーくさせてもらいました。
image

こんなに可愛い蕾がたくさんついていて、中には既にイチゴの形になりつつあるお花もあるんです。
これが盛花になるとこんな訳にはいきませんが、せっかくなので、このまま成長を見守りたいと思います♪

——————–
Flow-artでは「無料体験」実施中です。
また、尼崎市「園田学園女子大」裏で対面での教室の他、出張レッスンも承ります。
お問い合わせはこちらまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です