投稿日:

【写景盛花様式本位】基本取り合わせ

写景盛花様式本位の取り合わせのうち、『基本取合せ』として定められている47種です。
四季

遠景
万吉杉・桜・つつじ・都忘れ・日蔭
えぞ松・すずらん・日蔭
梅・錦紅花つつじ・日蔭
唐桃・貝母・日蔭
雲竜柳・燕子花・日蔭
中景
木瓜・菜の花・日蔭
芽出し紫陽花・紫蘭・日蔭
芽出し木苺・燕子花・日蔭
小松・乙女百合・日蔭
近景
鳴子百合・都忘れ・日蔭
いちはつ・都忘れ・日蔭
麦・菜の花・日蔭
春蘭・錦紅花つつじ・日蔭または山しだ
燕子花・日蔭(早春の挿法)
燕子花一種

遠景
小松・なでしこ・日蔭
蓮一種
中景
ななかまど・姫百合・日蔭または山しだ
夏はぜ・あざみ・日蔭または山しだ
近景
夏はぜ・姫百合・桔梗(夏の三種挿し)
夏はぜ・笹百合・なでしこ・鳴子百合・桔梗(夏の多種挿し)
しゃが・あざみ・日蔭
燕子花一種(夏の挿法)
燕子花・河骨・睡蓮
花菖蒲一種
河骨・太藺
海芋・太藺
睡蓮一種
雪柳・太藺・睡蓮
蓮・河骨

遠景
米つつじ・小菊・日蔭
中景
木瓜・竜胆・日蔭
近景
燕子花一種(秋の挿法)
燕子花一種(晩秋の挿法)
燕子花・太藺・河骨
薄・女郎花・竜胆・われもこう・日蔭(秋の多種挿し)
苔つつじ・女郎花・竜胆・日蔭・紅葉(秋の散り紅葉)
ほととぎす・小菊・日蔭

遠景
小松・寒菊(小菊)・日蔭
中景
実南天・寒菊(小菊)・日蔭
近景
万年青・寒菊(小菊)・日蔭
水仙・寒菊(小菊)・日蔭
藪柑子・日蔭・枯れ松葉

四季

遠景
ココやしまたはテーブルやし・カランコエ・日蔭
中景
ドラセナ コンシンナ・ベゴニア・日蔭
サンセベリア・プリムラ・日蔭
投稿日:

お正月花

クリスマスが終わり、お正月準備で慌ただしくなってきました。
大掃除を終えて、お花もお正月仕様です!

盛花_直立型

お正月花【盛花_直立型】

【花材】松、ピンポン菊、千両、水引
【花器】那智黒

花意匠_たてるかたち

お正月花【たてるかたち】

【花材】松、千両、サンゴ水木、注連縄

投稿日:

12月のお花

12月のお花|ならぶかたち

気が付けば今年も残り少なくなりました。
あっという間に過ぎた感じです。

今月のお花|ならぶかたち

今月は「ならぶかたち」です。
クリスマス風からお正月まで使いまわせそうな花材を選びました。

12月のお花|ならぶかたち

【花材】サンゴミズキ・晒しミツマタ・アンスリウム・スイートピー・レザーファン
【花器】新様式花器

少々花材が多いですが、クリスマス風なのでお許しを。
クリスマス当日にはさらにクリスマス用ピックも追加しようと思っています。

サンゴミズキはお正月花にも使えそうなので、長めにしました。
お正月花は定番の松・千両・菊を予定していますが、ここにサンゴミズキを足して水引で装飾しようかと妄想中です。

PickUp花材☆アンスリウム

別名「大紅団扇(オオベニウチワ)」とも言われる、とっても個性的なかたちの花材。

アンスリウム

今回のアンスリウムは緑色ですが、ハート形の部分は花ではなく、仏炎苞とよばれるもの。
お花は棒状になっているところ。
お花がたくさん集まって棒状になっている肉穂花序(にくすいかじょ)です。
茎は細いですが、かなり花保ちが良い、素敵な花材です!

投稿日:

11月のお花

めっきり秋らしくなってきましたね。
暖かかったり寒かったり。
服装選びと体調管理が難しい時期になりました。

今月のお花|文人調いけばな

今月は文人調いけばなです。
11月のお花|文人調
【花材】キササゲ・ユキヤナギ・菊
【花器】あすか

文人調は花器を美しく見せるための物らしいですが、良い花器がなくて「あすか」を用いました。
お稽古でキササゲをカットしてしまい、他の花器を使うのが難しかったのもありますが。

花器がメインということは、花材はシンプルな取り合わせでシンプルに生けるのが良いということ。
特に生け方は決まっていませんが、派手にならないように気を付けました。
文人調というと格式高い生け花。
我が家のようなマンションにはあまり似合わないですね・・・

PickUp花材☆キササゲ

ノウゼンカズラ科の落葉高木で生薬としても用いられています。
中国中部原産と言われています。
花材としては、緑の実~茶色の実のものが使われます。
今回は茶色の実ですが、結構グロテスクな感じです。

投稿日:

10月のお花

先月から何かとバタバタしている豊晶です。
スケジュール管理はしているものの、想定外の予定が割り込むことが増えてしまい、アタフタしています。
それでもお花に触れる時間は癒やしの時間。
お花とお茶のお稽古の時間はとっても貴重な穏やかな時間です。

今月のお花|瓶花_傾斜型

今月は瓶花。傾斜型です。
2016_10瓶花_傾斜型
【花材】ツツジ・鶏頭
【花器】投入花器
鶏頭の赤が映える、秋らしい取り合わせです。

☆「瓶花_傾斜型」の決まりごと☆
<長さ>
主枝:器の高さの1.5倍
副枝:主枝の1/2
客枝:主枝の1/2
<挿し方(本勝手)>
主枝:器の左前隅から70度、正面から45度左。
副枝:主枝の後方、左斜めへ引くように。
客枝:前方に60度前傾、正面から30度右へふる。

帰省から戻るまでにお花が傷んでしまいましたが、お稽古ではこんな感じでした。

もう少し片付けてから撮れば良かったのですが…仕方ない。

PickUp花材☆ケイトウ

ケイトウは「鶏頭」と書きます。
お花がニワトリのとさかのように見えることからニワトリの頭で鶏頭。
夏から開花し始め、秋にはあちらこちらで見かけます。
燃えるような真っ赤なものから、最近ではオレンジやピンクなど、たくさんの品種が出ています。
切り花用の品種も多いですね。
最初はビロードのようなお花も、しおれてくると黒ずんでボロ布のようになってしまいます。
できるだけこの美しい状態をキープしたいですね!

投稿日:

第9回四国地区青年部合同作品展

シャボン玉飛ばそ

2016/9/17(土) 〜 2016/9/18(日)に開催された小原流四国地区青年部の野外展示に出展しました。
台風接近前と言う事もあり、強風と大雨との戦いになりました…

初挑戦!野外展示

今回の展示は造形作品だったようですが、私達社中は写景みたいな感じと聞いていたので、他のグループとはちょっと違います(汗)

シャボン玉飛ばそ

タイトル:シャボン玉飛ばそ
足元の花を泡に見立て、そこから空に飛んでいくシャボン玉を紙風船で表現しました。
上の方の蔓は雲、下の方の太い木は眉山と吉野川をイメージしています。
ちなみに、作品の後ろ側の山が眉山です。

家元が審査してくださっています。

awabancha

家元審査

紙風船をメインにするなら足元の花は無い方が良いと言われましたが、転倒防止のために置いたブロックを隠すという役目もあり、そのまま展示させて頂きました。

雨ニモマケズ風ニモマケズ…

公開製作中、すでに強風に煽られて倒れる作品。
ブロックを置いて固定して帰宅したものの、倒れているとの連絡があり、急遽父に登場してもらいました。
釣り名人の父に会場まで同行してもらい、太いテグスで柵に固定。
これで会期中大丈夫だと思ったら…
夜には大雨(泣)
紙風船がダメになったので、代替品を調達して取り替えました。

雨後の作品

野外展示って最悪の天候を考慮しないといけないと痛感しました。

ホッと一息☆阿波晩茶

公開製作日のお弁当に付けて貰った阿波晩茶。

阿波晩茶

実は私の友人の旦那様の会社の物です。
健康に良いと評判の阿波晩茶。
爽やかな酸味があって、暑い日にピッタリでした!
ご興味のある方は下記ホームページをご覧下さい。

井川発酵株式会社HP>>

余談ですが、この「阿波晩茶」の文字、友人の書でした!
夫婦の合作♡素敵ですね〜!

投稿日:

8月のお花

リンドウ

こんにちは。ネットいけばな教室|Flow-artの野村豊晶です。
お盆は徳島では阿波踊り期間。
とても賑やかな4日間はお天気にも恵まれて大盛況のようでした。

今月のお花|盛花_直立型

今月は盛花の直立型です。
8月のお花|盛花_直立型
【花材】パンパスグラス・リンドウ・カーネーション・葉蘭
【花器】まどか
お稽古での写真です。
もうすっかり秋の花材になりましたね。
このカーネーションは遠目にみると鶏頭かと思うような色。
外はまだまだ猛暑ですが、お花だけ見ていると秋を感じられます。

☆「盛花_直立型」の決まりごと☆
<長さ>
主枝:器の直径(最長の部分)+深さ
副枝:主枝の2/3
客枝:主枝の1/2
<挿し方>
主枝:直立(少し前傾)させる。
副枝:主枝の前隅に45度前傾、左に30度ふる。
客枝:前方に60度前傾、右に45度ふる。
<挿す順番>
主枝→副枝→中間枝→客枝→中間枝

PickUp花材☆リンドウ

リンドウ
竜胆とも書くリンドウ。
生薬の竜胆(りゅうたん)の原料として使われるようですが、これがかなり苦いらしく、「まるで竜の胆みたい」ということから名付けられたようです。
最近では白やピンクのリンドウも出回っていますが、私はやはり、この青紫色が一番好きですね。

——————–
Flow-artでは「無料体験」実施中です。
また、尼崎市「園田学園女子大」裏で対面での教室の他、出張レッスンも承ります。
お問い合わせはこちらまで

投稿日:

6月のお花

6月のお花|瓶花_傾斜型

こんにちは。ネットいけばな教室|Flow-artの野村豊晶です。
あっという間梅雨入り。
でも比較的雨が少ないように思います。
水不足の地域もあるようなので、被害のない程度に降ってほしいものですね。

今月のお花|瓶花_傾斜型

先月に引き続き、7月の地区別教授者研究会に向けて瓶花の練習です。
本当は直立型にしたかったのですが、花材の枝ぶりが・・・と言われてやむを得ず傾斜型です。
6月のお花|瓶花_傾斜型
【花材】ソケイ・菊・ソリダコ
【花器】投入花器
傾斜型を生けるときのポイントは中間枝の中でも高く入れる「中間高」。
これは瓶花も盛花も同じです。
この「中間高」があることで、主枝の傾斜が他の花材となじみます。
役枝ばかりに気を取られ、うっかり忘れそうなことがありますが、この1本の中間高で全体がとてもスッキリまとまるので不思議ですね。

☆「瓶花_傾斜型」の決まりごと☆
<長さ>
主枝:器の高さの1.5倍
副枝:主枝の1/2
客枝:主枝の1/2
<挿し方(本勝手)>
主枝:器の左前隅から70度、正面から45度左。
副枝:主枝の後方、左斜めへ引くように。
客枝:前方に60度前傾、正面から30度右へふる。

PickUp花材☆ソリダコ

中間枝としてよく用いられる小さな黄色いお花のソリダコ。
実はセイタカアワダチソウと近縁なんだとか。
そして、名前がよく似ているソリダスターは、ソリダコ属とアスター属の交配種だそうです。
並べて見ると確かに花の付き方が違い、別物だと分かります。
ソリダコもソリダスターも、通年出回る中間枝用の花材として重宝します。

花展のお知らせ

2016年四国地区青年部合同作品展が下記日程で開催されます。
お近くの方はぜひ足をお運びください。
日時:公開制作2016年9月17日(土)10:00~16:00
   作品展示2016年9月18日(日)~15:00
会場:徳島市新町川水際公園、両国橋東・西公園
※会場は公共の公園のため、開閉園時間はありません。

——————–
Flow-artでは「無料体験」実施中です。
また、尼崎市「園田学園女子大」裏で対面での教室の他、出張レッスンも承ります。
お問い合わせはこちらまで

投稿日:

5月のお花

5月のお花|盛花_様式本位

こんにちは。ネットいけばな教室|Flow-artの野村豊晶です。
朝は気持ちの良い季節ですが、あっという間に夏がやってきそうな、そんな日中の暑さに少々参っています。
普段、お稽古には着物で行くのですが、5月でも夏日だと袷の着物は見た目も着ている本人も暑い感じの日が多いです。
下旬になると単衣でもいいかな~と思うのですが、衣替えの時期って難しいですね。

今月のお花|盛花_様式本位

7月の地区別教授者研究会に参加したいと伝えたところ、大阪は何が出るのか全く予測不可能と言いながら、様式本位がでそうな気がする…と大先生が仰ったので。。
今月は盛花の様式本位です。
めったに七宝を使って生けることがないので、挿すところから苦戦(笑)
当日でなくて良かったと思い、もっと練習しないといけないと痛感した一日でした。
5月のお花|盛花_様式本位
【花材】タニワタリ・ガーベラ
【花器】丸水盤
本当はバラのような葉っぱのある花材を客枝にしたかったのですが、皆と同じ花材なので仕方ないところですね。
今回は、最初に玉シダ8枚で生けた後、タニワタリでもう一度練習しました。
玉シダ、タニワタリともに先生のお庭から調達。
広いお庭があるといいなぁと思った瞬間です。
お手入れも大変なので、良いことばかりではないでしょうけども。

さて、来月は瓶花を練習したいと告げましたが、それまでに自宅練習と筆記試験の勉強もしなくては!
去年勉強したことを全く覚えていないので、とっても時間を無駄に使っている感じですが、少しずつでも前進しているはず。
今年は去年より良い結果を残したいと思います!!

PickUp花材☆タニワタリ

英名「エメラルドウェーブ」というだけあって、葉の端が波打っています。
今回使ったタニワタリ(先生のお庭で育ったもの)は葉が厚くてあまりウェーブがありませんが、お花屋さんで売られているものはもっとフリルのように波打っているかと思います。
シダの仲間ですので、胞子で増えます。
葉の裏には赤茶色の胞子がびっしり付いていました。
裏側の胞子の様子(小さい粒々がびっしり並んでいる)はちょっと苦手なので、できるだけ前面だけ見て生けてしまいます。

——————–
Flow-artでは「無料体験」実施中です。
また、尼崎市「園田学園女子大」裏で対面での教室の他、出張レッスンも承ります。
お問い合わせはこちらまで

投稿日:

4月のお花

4月のお花|瓶花_下垂型

こんにちは。ネットいけばな教室|Flow-artの野村豊晶です。
桜も終わり、随分暖かくなってきました。
今回は春らしい取り合わせでのお稽古でした。

今月のお花|瓶花_下垂型

今月は瓶花の下垂型です。
久々の下垂型で、横木留めの復習になりました!
力の弱い私は、またしても先生にしっかり締めてもらうという情けない事態に。
生け花って結構力が必要です。
4月のお花|瓶花_下垂型
【花材】コデマリ・カラー・スターチス・玉シダ
【花器】投入花器

☆「瓶花_下垂型」の決まりごと☆
<長さ>
主枝:器の高さの1.5倍以上
副枝:標準寸法(器の高さ×1.5)の1/2
客枝:標準寸法(器の高さ×1.5)の1/2
<挿し方>
主枝:器の左前隅から130度に傾斜させ、正面から左へ45度ふる。
副枝:主枝の後ろに立ち上げる。
客枝:45度の傾斜で正面から右へ30度ふる。
<挿す順番>
主枝→副枝→中間枝→客枝→中間枝

お稽古ではスターチスを客枝にして生けていました。
4月のお花|瓶花_下垂型(お稽古)
自宅で生けるまでにバスで揺られたり、押しつぶされたり・・・
そんな過酷な状況を経ているので、決して同じように生けることはできない花材たち。
少しでも長く、綺麗に保たせたいと思います!

PickUp花材☆コデマリ

バラ科の落葉低木であるコデマリ。
4~5月にかけて、庭先でよく見る白く枝垂れたお花です。
同じくバラ科のユキヤナギとよく似ていますが、コデマリは名前の如く、小さなお花が集まって毬のようになっているのが特徴。
お花の付き方で簡単に見分けられます。
ちなみに、オオデマリという似た名前のお花がありますが、こちらはスイカズラ科。
どれもこの時期に美しく咲くお花です。
——————–
Flow-artでは「無料体験」実施中です。
また、尼崎市「園田学園女子大」裏で対面での教室の他、出張レッスンも承ります。
お問い合わせはこちらまで